パチンコ新台 ワンライダー

岐阜で活躍する女性の紹介
〜岐阜で活躍する女性からあなたへのメッセージ〜

人には必ずミッションがあり
自分のミッションは何か、と
いつも問いかけながら
一瞬一瞬を大切に過ごす


オフィスPrima代表 フリーアナウンサー
透千保(とおる ちほ)さん(岐阜市)

【2021年8月31日更新】

東海地方の各放送局で多数の出演経験を持つ、フリーアナウンサーの透千保さん。テレビ・ラジオの番組をはじめ、式典や講演会などの司会、公共交通機関のアナウンス放送などを務めてきました。さらには大学や企業において、ビジネスマナーや電話応対などの講師としても活躍しています。

放送局でのアルバイト経験
クリエイティブな仕事に惹かれて

 父が教員時代に、音楽や演劇部の顧問のほか、作曲やママさんコーラスの指導をしていました。私も子どもの頃から本を朗読するのが好きでした。今振り返ってみると、その頃から声や話すことに興味を持っていたのかもしれません。
 親戚にアナウンサーがいて、「放送局でアルバイトをしてみない?」と誘われたのが、この道に進んだ直接のきっかけです。大学の夏休み期間だけのものでしたが、大勢のスタッフがひとつの番組を作り上げていく姿を見て、「なんてクリエイティブな仕事なのだろう。私もその仲間に加わって仕事をしてみたい」と思ったのです。
 早速、アナウンサー養成所の試験を受け合格。昼は大学、夜は養成所、という生活を送りました。1年間の養成所の勉強を終え、放送局の試験に臨んだところ、名古屋のFM愛知と岐阜放送(現ぎふチャン)でのレギュラー番組が決まりました。その後、アナウンス契約を結び、生放送の情報番組を8年間担当して結婚。フリーアナウンサーとして再出発しました。

刺激を受けることも多くさまざまな人との出会いが魅力

 現在は、テレビやラジオのニュースと司会が中心です。
 ニュースの場合、取材やデスクを経て、最後にバトンを受け取るのが私になります。スタッフの努力を無駄にしないよう、正確に情報を伝えることを常に心がけています。主な番組としては、岐阜県知事との対談番組を10年以上担当し、360人余りのゲストにインタビューしました。農業や食育の大切さを紹介する「ママごはんTV」では、約4年間で80カ所の農家を訪ね、たくさんの親子や生産者の方たちと触れ合ってきました。
 司会でも、多くの方々との出会いがあります。皇室の方々やダライ・ラマ法王をお迎えした行事の司会は緊張しましたし、ノーベル化学賞を受賞された吉野彰さんなど、著名な方の講演会の司会は刺激を受けることも少なくありません。
 また、講師としてビジネスマナーや電話応対、アンガーマネジメント研修などに携わっています。受講生が学んだことを活かしてお客様に感謝された、などの感想を聞くと、自分のこと以上に嬉しく思います。
 ご縁をいただいた方には、期待以上の成果が出せるよう120%の姿勢で真摯に仕事に取り組む。そしてやり遂げた後、相手の方が喜んでくださる。それがやりがいにもつながっています。

本場ヨーロッパのオペラを楽しみ花や緑で自宅を華やかに

 趣味は旅行で、夫が海外出張の時などは、時間が合えば一緒に出かけてオペラを観たり、私ひとりで美術館に足を運んだり、カフェでのんびりします。本場の劇場で観るオペラは素晴らしく、本当に総合芸術だと感動しきりです。訪れるたび、ヨーロッパは芸術が生活に根ざしているように感じます。
 ガーデニングも好きです。イギリスで数々のイングリッシュガーデンを訪れる機会があって、暮らしの中に花を上手に取り入れ、豊かな生活を楽しむ姿に憧れました。私もバラを育てていますが、花や緑と触れ合っていると、ストレス解消にもなります。

積み重ねてきた経験を活かして
地域に貢献できる活動も

 4年前にキャリアコンサルトの国家資格を取得しました。学んでいくうちに、自分の強みに目を向けて行こうと思えるようになりました。ぎふチャン/岐阜放送、FMGIFU、東海ラジオ、メ~テレなど、様々なメディアで仕事をさせていただいていますし、アナウンサーの仕事は、華やかなイメージとは裏腹に、脇役として主役を輝かせる立場です。だからこそ、私でも継続できているのだと思います。学生さんから相談を受けたらアドバイスができるようになりたいですね。
 そのきっかけをくれたのは「岐阜立志教育支援プロジェクト」でした。子どもたちに将来の夢や人生の経営者として「志」を立ててもらう、子どものためのキャリア教育です。「総理大臣になって日本を世界一幸せな国にしたい」と言っていた子が大学生になって政治に関心を持つなど、子どもの頃から自分の将来を描き、言葉として発することが行動に結びついていく、そんな発見もありました。
 また、アーティストで岐阜県美術館館長の日比野克彦さん発案による、アートと市民をつなぐイベント「こよみのよぶね」にも参加しています。
 岐阜県文化芸術活動応援助成事業として「音楽でつづる世界の旅」をテーマに、コンサートも企画しました。これまでは依頼された仕事だけで精一杯でしたが、自ら発信したり、地域に貢献したりと、今後はさらに活動の幅を広げていけたらと考えています。いくつになっても人は成長できると思っています。できれば、生涯、現役アナウンサーとして活動し、ふるさと岐阜のよさを伝えていきたいです。